スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつかその日が。。。

昨年,わんちゃん友達のラブくんの事を書きました
http://19971115.blog86.fc2.com/blog-entry-7.html
その後のラブくんですが。。。

12月31日大晦日の早朝 お友達から電話で亡くなったとの連絡!!
電話で話しながらただただ涙があふれました

ちょうど1年前のUPして1ヶ月後の10月にラブくんのママが
「公園に来るとラブが喜んで元気がでて食欲もでるのよ~みんなで遊ぶいつもの場所まではつれて行かれないけれど公園の駐車場に行くから会ってやって欲しいの」
いつもの仲間みんなで即座に駐車場へ
25キロちかくあった体重が痩せて小さくなったけれど
相変わらず優しい目で不自由な3本の足で一生懸命立とうとして
ハアハアしながらがんばる姿。。今でも心に焼き付いて涙がでます
ママが牛肉をたくさん湯がいてきて気丈にも優しい笑顔で
「みんなありがとう~ 一緒に食べてね」ラブくんはやっとほんの少しだけ食べて
他のわん達はパクパク喜んで頂きました
みんなでラブくんの好物のおやつを少しだけ小さくちぎって
お口にもっていったのですが食べれませんでした
(元気な頃はあんなに喜んで食べていたのに。。。)
ママさんたち順番でスリスリナゼナゼして。。私は抱きしめてお顔にチュッ~

それが最後になってしまいました

片足を切断して 一時元気になったのですが
おなかから肺にまで腫瘍が転移して それでも精一杯頑張ったラブくんでした
最後は苦しまずに眠ったまま9歳で虹の橋を渡って逝ったそうです

亡くなって2ヶ月過ぎる頃 仲良しだったミルクちゃんのママから
「皆さんによろしく伝えてね」とお礼のカードが届きました
DSCF0349.jpg大好きなミルクちゃんと
優しいママさんの気持ち どんなにか辛かったでしょうに。。。


ママさんの事が気になっていたので電話をしたら
「最後まで看取れたので良かったわ ラブが苦しまずに逝ったのが
せめてもの救いだったの しばらくは公園には行かれないけど。。いろいろありがとうね」
「こちらこそ優しいラブくんとお友達になれて良かったわ 決して忘れない」
お互い泣きながら話しました
ママさんの悲しみが伝わり電話を切っても涙、涙。。

今でもラブくんが好きだった公園の丘の上の木の下に行っては手を合わせています

先日 ミルクママが電話をしたら「また黒ラブを。。うちの子にと思うんだけど。。」とまだ決心はつかない様子だったそうです

     DVC10001.jpg
優しいラブくん 私が写した中で最後の携帯画像です

ラブくん お友達に会えたかな  仲良く遊んでいますか 
ママが元気になるように天国で見守って下さいね

この1年のあいだに公園のお友達のわんちゃんが虹の橋を渡ってしまいました

トイプードルの三郎くん 
心臓の病気で11歳で逝ってしまいました
同じ兄弟の二郎くんは15歳でも元気にお散歩しています

シーズーのももちゃん 
いつもボールを追いかけて元気に遊んで居たのにおなかに腫瘍が出来て手術のかいもなくママの腕の中で静かに逝ったそうです 12歳でした
同居のシーズーココちゃんは片眼を摘出手術してお家でおとなしくしているそうです

シェットランドのアレックスくん
1週間前ぐらいからもどしたりして元気がない様子だったとか。。
朝 起きたら亡くなっていたそうです 14歳でした
ゆっくりのんびり歩く姿が忘れられません

黒ラブのらぶちゃん 
10歳でした みんなから人気の女の子でいつも男の子に追いかけられて居ました
子宮の病気だったそうです

シーズーのももちゃん
子宮がんで手術をしたのですが転移していて抗がん剤を飲んで居たのですが
14歳のこの夏 逝ってしまいました かわいい優しい女の子でした
ママさんと時々買い物などで会うのですが涙ぐんで話が出来ません

みんな素晴らしいかわいいわんちゃんばかりでした
アトムとオカン 仲良くしてくれてありがとうね
楽しかった思い出 忘れません!

わんちゃんの寿命は人間の5分の1
考えたくないけれどいつかこんな日がくるのだとしみじみ考えてしまいました

comment

管理者にだけ表示を許可する

そうでしたか・・
残念です。
実はずっとラブくんのこと気にしていました。
昨年3本の足でがんばっているという記事に、心から応援していました。
苦しまずに静かに家族にみとられたとのことが慰めになりました。
今お友達のポメちゃんの具合が悪くて、祈るような気持ちでいます。
いつかはこんな時を迎えるのだと、少し苦しいような気持ちでいましたが、そんな中読ませていただいて、できるかぎりの愛情でいつも接するだけと、感じました。
ラブくんは家族やお友達の心の中でずっと生き続けることでしょうね。


レオの事、思い出しちゃった・・・・・
辛かったなあ・・・・・
最後に苦しんで、悲鳴を上げて、あの空の上に行った
時の声は、忘れられません
reomamaにとって、レオは生きる証でした
去年の人間ドック、どうでもいいやって思いながらでした
でも、今年は蘭丸の為に、嫌なバリウムもゴクゴク飲むぞって、頑張りました
なんか、自分の事ばっかり書いてごめんね
アトムママさんは、アトム君と、あの可愛いお孫さんの
為に、毎日元気で頑張らんとね♪

チーズ母さんへ
ラブくんの事 気にしててもらってたんですね
ありがとう~e-266
やっとUPする気持ちになりました
3本の足でがんばって歩いてくる姿が焼きついてます
最後まで何とか生きようとしてる様子を見て
ママさんは「ラブくん もう頑張らなくっていいからね」って
ぐったり横になってる姿を見て何度も声をかけたそうです

ポメちゃんのお友達 心配ですね
ほんと 精一杯出来る限りの愛情で
そして 出来ることなら大きな病を抱えないで
生きて欲しいと願いますね

それからチーズ母さんが読んでくれた時 
下書き中でして少し話しをたしてあります


reomamaさんへ
かわいいレオくんの事 思い出させてごめんね
最後悲鳴をあげてレオくんが。。
辛かったよね その声は「ママと離れたくな~い」だったのかなあ。。
私がブログ読ませてもらった時 涙グシュグシュで読んだの覚えてます
http://yaplog.jp/deka-atom/archive/69 

もう1年以上のお付き合いなんですね♪
連休明けに保険組合の健康診断に行ってきます
メタボになっていなければいいのですが。。(-_-;)
お互い頑張りましょうね♪

ラブちゃん安らかに

ワンコの寿命は短いから、しょうがないんですよね。
ワンコを一人残して先に自分が死ぬよりは
最後までみとってあげられて幸せだと思うしかないのかな。
犬って本当に健気で、頑張っている姿を見るとつらいです。
私は自分の人生いつ死んでも悔いのないように生きる、
ペットもいつ死んでも生ある間は
せいいっぱいかわいがってあげた
と思える生き方を心がけるようにしています。

紫游さんへ
確かにわんちゃんの寿命は短いと解っているんですが 
その時が来たら私はどうなっちゃうんだろうかってね。。
ダンボちゃんの沢山の思い出 宝物ですねv-352
悔いのない人生 そんな日々を過ごして行ければ幸せですね
私の知ってる限りのわんちゃんはみんな幸せな子ばかりです

悲しいけど受け止めなくては・・。

アトムママさん、こんばんは♪

3本の足で元気に過ごしてたんですね。
でも・・・病気には・・
いつかこの日が来るのを分かっていても元気な姿をみていると永遠に仲良く暮らせると思ってるんですよね。
私もふーちゃんの写真を見つめてます・・。

うちの近所もだんだんとメンバーが変わってきてます。
仲良くしてた子の姿が見えないのは悲しいです。
最近、亡くなったワンちゃんのお父さんはお骨を抱いて毎日泣いてたそうですが、子供さんが次のワンちゃんを
連れて来てくれ少し淋しさが紛れたと言ってました。

言葉は喋れないけど心はつながってますもんね。
アトムクン、大事にしてあげてねv-343
私もななちゃんを大事にします!!

ふーちゃんななちゃんのかあちゃんさんへ
そうなんですね。。>悲しいけど受け止めなくては。。
今年1月にふーちゃんが虹の橋を渡ってしまわれて
かあちゃんさんも同じ思いをされたんですよね
お友達の中にも多頭飼いでない方は
すぐに次の子を迎える方と
しばらくは立ち直れずに居る方と様々ですね

ななちゃんが居てどんなにか励まされたのではv-343
お互い精一杯愛し、愛されて過ごしましょうね

お知り合いのワンちゃんが亡くなるのは悲しいね
ワンコを飼っている以上覚悟しなきゃいけない現実なんだけど。
うちも老犬がいるので人事ではありません
一緒にいられる幸せをかみしめつつ
い~っぱい愛してあげなきゃ、と改めて思うHANAママでした

人の何倍もの速さで年をとるわんこ達は確実に私たちより早く逝ってしまうんですよね・・・
分かっていても、受け入れたくない事実だと思います。
それを覚悟で買い始めているのですがやはり別れは辛い・・・
後悔したくないから今たくさんの幸せを分かち合わないといけないなと改めて感じました。

HANAママへ
あと何年一緒に居られるのかな~と
時々思うことがあります
そんな日が来るのは絶対にイヤと思いながら
10歳過ぎるとやはり少しずつ老いを感じますね

精一杯 一緒に居る時間を大切にしていきたいですね


ロビンママさんへ
そうですね 人より早く歳をとってしまうワンちゃんたち。。
いつか別れが来るのですが 自分がその時
どんな風に居られるかを考えると
正直 自信ないですね
こんなこと考えるの10歳過ぎてからなんですよ
やはり老いを感じますもの。。。

ロビンくんはまだまだ 今が青春真っ只中ですよv-441

悲しいけど・・・

仲良しワンちゃんとのお別れは本当に悲しいよね。
でも、ここに載せてもらってるワンちゃん達は
皆、飼い主さん達の愛情をしっかり受け
本当に幸せな日々を過ごした事が分かります。
昨日、ご近所で仲良くしてたMIXのごろうちゃんが
1か月ほど前にお星様になった事を知り
お悔やみの言葉を言い
「最近見かけないので心配をしてたんですよ・・・。」
そう言うと
「外に出て余所の元気な犬を見るのが辛くて・・・。」
それから、ごろうちゃんのお話を聞きながら
ポロポロと涙が溢れてしまいました。
犬の寿命の短さは分かっているものの
現実にその日がやって来てしまったら
でも、直ぐには受け入れられないものですよね。
書き込みしながらくーちゃんのお顔を眺め
見返してくれたくーちゃん目を見ながら
最近はのんびりお散歩をしてあげていない事に
ちょっぴり心を痛めたあたちでした(⌒_⌒;

PS お誕生日には素敵なメッセージカードを
ありがとうございました(^―^)

いつの日か我が身にも降りかかる出来事。
他人事とはどうしても思えません。
実家で飼っていた柴犬が天国に逝った時、ペットロスに陥りました。
もうあの悲しみは味わいたくないと思っていたのに、今私の横にはモカが。。。
悲しみを忘れたわけではないけれど、それ以上にワンコから得ることって多いのですよね。

お会いしたことはないけれど、あの大きな公園の上で楽しそうに走るラブくんを想像すると涙が出ます。
でもラブくんは最後まで本当に良く頑張ったんですね。
ママに心配掛けないように一生懸命戦っていたのでしょうね。感動しました。
ワンコって本当にどこまでも優しくて強くて可愛くて・・・
かけがえのない存在ですよね。
十数年の短い間しか一緒にいられないけれど、それでも私たちが生きる何十年もの間、心の中で生き続ける存在。
そしていつの日か、虹の橋で再会ですね。

うさぎさんへ
こんばんわあv-352 
ご近所のお友達も虹の橋を渡ってしまったんですね
悲しいよね。。。
ラブくん 最後に公園に来た時 3本の足で一生懸命立ち上がろうと
ヨロヨロしながら頑張っていました
ハアハアしながら一生懸命に。。。
「みんなありがとう~」優しい目でそう聞こえました
だめだあ~泣けてきちゃう

くーちゃんはうさぎさんが忙しい中いろんな所へ
旅行に連れて行ってもらって満足だと思うよ
でも一番好きなのは慣れた場所のお散歩かな。。

三十路?四十路?v-392


nagi-mamaさんへ
柴犬ちゃんを亡くされたたんですか。。
辛かったでしょうに  その気持ちよくわかります
私も6年生の時 同じ思いをしました
学校から帰ると毎日泣いていました
もう2度と動物は飼わないと思いました

優しくて人の心がよみとれて賢くて。。
ワンちゃんの魅力は計り知れませんね
ですからたくさん愛して愛されましょうねe-266

愛犬との別れは身を引き裂かれるようです
すべてを飼い主に預けて信頼しきっていて、
まるでわが子と同じですからねー
看取ってあげる日がいつか来るのは間違いないことですが
願わくは最低でも10年間は共に過ごしたいと思います

今まで2匹のワンコを虹の橋へ送りましたが
ビアンの相方ベベは6歳の若さでした
これは参りましたね 治らない病気とわかっても
もっともっと長生きしてくれると信じてました

亡くなって1年半 まだまだ忘れることはできませんが
その分、今いるビー&ビーに愛情をかけてあげなくては!と思います

sararinさんへ
べべちゃんは6歳だったんですか。。。
さぞ辛かったでしょうに。。
5倍ぐらいの速さでわんちゃんは老いていくんですよね
ですから日々大切に共に過ごしていきたいですね

ビーちゃん エリザベスカラーがとれて
元気パワーが戻って良かったわあ~♪
sararinさんも一安心ですね
かわいいビアンちゃんもビーちゃんも元気がなにより!
ビーちゃんの腕白ぶり また見れますねv-410
プロフィール

アトムママ

Author:アトムママ
2011.10.17生まれ
楓太です
生後4ヶ月でうちの子に
お散歩が苦手のビビリで
おうちが大好きです

最近の記事
最近のコメント
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。